木村隆二岸田首相爆発テロ

木村隆二家族「父親はモラハラで警察沙汰の過去」岸田総理襲撃事件

木村隆二 家族構成 父親 母親 兄 妹 自宅木村隆二岸田首相爆発テロ

岸田総理の演説先でパイプ爆弾を投げた木村隆二容疑者。木村隆二容疑者の自宅付近の住民からの証言で、木村隆二容疑者の家族構成は父親・母親・兄・妹だいう事がわかっています。

この記事では木村隆二容疑者の家族(父親・母親・兄弟)について調査します。

木村隆二の家族構成

2023年、4月15日に和歌山市の雑賀崎漁港で演説で訪れていた岸田総理にパイプ爆弾を投げ、逮捕された木村隆二容疑者。

木村隆二容疑者の自宅は兵庫県川西市けやき坂3丁目。15年ほど前に引っ越してきたと言われています。現在は、様々な植物が植えられ綺麗に手入れされている庭も、以前は荒れ放題だったといいます。

また、「家庭内の環境についても少しすさんでいたところがあった」と証言する住民もいます。

木村隆二容疑者はどのような家庭環境で育ったのでしょうか。

木村隆二容疑者の家族構成は、近所の方の証言により

  • 父親
  • 母親

と5人家族ということがわかりました。

また、「仲がよくなかった」とも証言されている木村隆二容疑者の家族。

父親とみられる男性の怒鳴り声がよく聞こえてきたという証言も多々あり、「家庭内の環境がすさんでいた」というのは父親と何か問題があったのかもしれません。

木村隆二父親は「株にハマるモラハラ男か」

木村隆二容疑者の父親とはどなような人物なのでしょうか。

当時はご両親と隆二さんとお兄さん、女きょうだいの5人家族だったんですけど、7年くらい前からお父さんを見なくなりました。お父さんは宅配の仕事をしていたのですが、大声で怒鳴る声がよく聞こえてきて、怒りっぽくて怖い印象でした。ですから今はお母さんと3人きょうだいの4人暮らしだと思います。

 

引用:Yahooニュース

木村隆二容疑者の父親は、宅配の仕事をしていたことがわかりました。

また、

「お父さんがよく母親や子どもたちを怒鳴りつけててね。夜中でも怒鳴り声が聞こえることがあって、外にまで聞こえるぐらい大きな声やったもんやから、近所でも話題になってましたね。ドン!という、なにかが落ちるものとか壊れる音を聞いたこともあった。家族は家の中では委縮していたんと違うかな。

引用:Yahooニュース

近所でも話題になるほど、大きな声で怒鳴っていたという木村隆二容疑者の父親。怒鳴り声だけでなく、大きな物音もあったということから木村隆二容疑者の父親は希少が荒かったことがわかります。

他にも

  • 木村隆二高校生の時にガレージで怒鳴りつけられていた
  • 夜中に父親とみられる男の大声で警察がくるトラブルがあった

という情報もあり、木村隆二容疑者の家族は父親による家庭内暴力やモラハラなどの問題をかかえていたのかもしれません。

また、近所の方は

お父さんはよく怒ってたよ、その子を一方的に

と木村隆二容疑者に対し“可哀想な印象しかない”と言われていることから木村隆二容疑者は家族のなかでも特に父親と折り合いが悪く、なんらかのトラブルがあったのではないかと推測されます。

運送会社で勤務していたとされる木村隆二容疑者の父親。ここ数日7年ほど姿を見らず、突然いなくなったと言います。

現在、木村隆二容疑者の自宅には母親、兄、妹で生活していることから、父親は別居していることになります。

別居している理由が離婚なのか死別なのか…現在のところわかっておりませんが

  • 隆二君のお父さんは、株にハマってて、株がうまくいかない腹いせを家族にぶつけてたんやないか
  • 車が二台あったんやけど、そのうち一台がなくなってたから、たぶん、家を出ていったんやと思う

と言われていることから、離婚しているのかもしれません

家族に八つ当たりする希少が荒い父親。木村隆二容疑者の家族は苦労していたのではないでしょうか。

【4月19日追記】木村隆二の父親「取材に対して他人事」

引用:デイリー新潮

木村隆二容疑者の父親は近所の住民により運送業だと言われていましたが、「赤帽」を1人で営んでいたことがわかりました。

また、仕事のことを”シノギ”とよんでいたと言います。シノギとは、ヤクザや暴力団が収入を得る手段のこと。

仕事のことをシノギと呼んでいた木村隆二容疑者の父親は暴力団関係者だったのでしょうか。

デイリー新潮が木村隆二容疑者の父親に取材をしようとしたところ

俺は容疑者のお父さんやね。容疑者じゃないよね。僕関係ないじゃない。ただ血ががつながってるってだけで

と答えたといいます。

木村隆二容疑者の父親は事件についても、翌日他人から聞いたと言い、

驚くとか驚かないとか。おたくに教える必要ないじゃないですか。なんで僕が語らなあかんのですか。語りませんけど大丈夫ですか。

と答えています。

仕事をシノギっていう人なかなかいないよね。

 

取材に対する返答の仕方をみても、木村隆二容疑者の父親ただものじゃなさそう…

 

木村隆二の母親はすらっとした美人

木村隆二容疑者は母親と買い物やガーデニングをする姿が目撃されるほど仲がいいようです。

しかし、木村隆二容疑者は小学生時代「コミュニケーションの取りにくい感じの子だった。(木村容疑者の)母親は困っていた」という証言もあり、母子関係がずっと良好だったわけではないようです。

小学生の時、思春期の時なので母親も対応がわからず、周囲に相談していただけの可能性もあります。

いずれにせよ、事件の2、3週間前まで母親と一緒にガーデニングをしている姿が目撃されていることから、親子仲は良く、事件を受け一番驚いているのは母親なのではないでしょうか。

木村隆二容疑者の母親は、

スラっとしたきれいな人。隆二君はお母さん似やな。たしか百貨店の化粧品売り場で働いていたはずで、外に出るときは化粧もしっかりしてたね。でも、どこかこわばった感じというか、お父さんにおびえてる感じがあったよね

と言われており、木村隆二容疑者は母親似のようです。

百貨店の化粧品売り場といえば、綺麗な女性が働いている印象です。木村隆二容疑者の母親はキレイな方なのでしょう。

一方で、

木村隆二容疑者の母親は近所付き合いが好きではなく、挨拶をした記憶がないといいます。

15年住んでいて挨拶をした記憶がないということは、近所付き合いは全くしていなかったのでしょう。

木村隆二の兄は一つ上の年子

木村隆二容疑者には一つ上に年子の兄がいることがわかっています。

木村隆二容疑者が24歳ということで、木村隆二容疑者の兄は25〜26歳ということになりますね。

木村隆二容疑者の兄も、木村隆二容疑者と一緒に川西市けやき坂の自宅で生活しているとみられます。

また、近所の住民曰く、木村隆二容疑者の兄も大人しくて静かな感じで、目立った話も聞いたことがなく、木村隆二容疑者と同様に大人しい性格のようです。

イメージ画像

木村隆二容疑者の兄は、集英社の電話取材に対し「何もわかりませんし何も話せません」とだけ答え、記者が家族間のトラブルや思想を聞こうとしたら電話を切ったそうです。

まさか自分の弟が…と現実を受け入れられていないのかもしれません。

木村隆二の妹「年頃の女の子」

イメージ画像

 

木村隆二容疑者には妹がいることがわかっています。

年齢や妹について詳しいことはわかっておりませんが、木村隆二容疑者が24歳というとこから10代後半〜23歳くらいではないかと推測されます。

年齢的にも学生の可能性もあります。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

【追記】モラハラ親に育てられた犯人の事件

木村隆二容疑者の父親は、母親や子どもを怒鳴りつける父親だったことがわかっています。

「親ガチャ」や「毒親」という言葉があるように、親によって苦しい状況に追い込まれている人が増えている昨今。

子どもの頃に頻繁に怒鳴りつけられていた木村隆二容疑者も「毒親」に育てられたと言ってもいいのではないでしょうか。

威圧的な親に育てられた子どもの特徴として

•自己肯定感が低くなる

•人の顔を伺うようになる

•本音がいえなくなる

•情緒不安定になる

•やりたいことがわからない

など様々な影響があるようです。

木村隆二容疑者は、高校卒業後定職にはつかず家に閉じこもる生活が続いていたと報道されています。木村隆二容疑者の引きこもりの原因は明らかになっておりませんが、父親の「モラハラ」や「毒親」も少しは関係しているのではないかと推測されます。

過去に毒親に育てられた犯人がおこした事件では、2018年6月におきた東海道新幹線車内殺傷事件があります。

画像:livedoor News

犯行は当時、犯人は22歳。

幼少時より発達障害の疑いがあったが、両親(特に父親)との関係は良好ではなかったようです。

中学生から不登校となり、父親との確執をさけるため定時高校入学時には家を出て自立支援施設で暮らしていました。

その後、就職しますが職場でのいじめがきっかけで引きこもりに。退職後は精神科に入院、母方の祖母の養子となりました。

家族から社会復帰を促されるも、家出を繰り返し、刑務所での生活を自分の理想と考え、東海道新幹線殺傷事件をおこしたとされています。

犯人は取り調べに対し”家族から虐待された”と話しており両親を恨んでいたそうです。

これに対し父親は「今は家族ではない。中学生の頃からほとんど会話はなく、関係は絶縁していた」と話し批判が殺到しました。

他にも、2008年におきたトラックで歩行者をはね、刃物で通行人襲った秋葉原通り魔事件。この犯人も母親からの教育虐待をうけていたことがわかっています。

これらの事件の共通点は、子どもの頃の親との関係。虐待をうける等「毒親」に育てられています。

毒親育ちの人が犯罪者になるというわけではありませんが、事件の共通点を見ていくと親子関係に問題があった人物が多いようです。

木村隆二の自宅住所が判明!

木村隆二の経歴と学歴「中学時代からのキャラ変」

かなえーる

コメント

タイトルとURLをコピーしました