子どもと作る料理

4歳でも作れる。我が家の簡単オートミールクッキー

子どもと作る料理

お菓子の定番クッキー。子どもが好きなお菓子おひとつですよね。我が家の子ども達も大好きで、購入したり余裕がある時は一緒に手作りするようにしています。

市販のクッキーは意外とお砂糖や添加物がたっぷり使われおり、材料に不安があります。だからといって手作りすると材料準備・調理・後片付けと結構大変で面倒臭いんです。笑 子どもと一緒に作るとなると尚更大変ですよね。

やっと完成したと思ったらそこから待っているお片付け・・・子どもの達成感や食育のためにと頑張りますが何かと疲れます。笑

そこでわたしのズボラな性格をいかして、いかに「手軽」・「簡単」・「楽に」をポイントに4歳の娘が一人でも作る事ができるレシピを考えてみました。

しかも今回のレシピはお砂糖・小麦粉を全く使わず、オートミールとバナナで代用するので栄養も満点です。

更に洗い物もほとんど出ません。火も使わない(オーブンのみ)ので覚えればお子様ひとりでも作ることも可能です。我が家の娘も食べたくなったら自分で作ります。笑

思いついたらすぐ作る事ができるので、手軽におやつを手作りしたい方にオススメです。

オートミールって?

原料は穀物の一種のオーツ麦です。「オーツ」と「ミール(食事)」を組み合わせて「オートミール」と言われるようになりました。

世界中で食べられていて、日本でも栄養価の高さや、アレンジのしやすさで人気沸騰中です。最近では離乳食にも取り入れられており、スーパーでも手軽に購入する事ができるようになりました。

オートミールに含まれる栄養

一番多いのは、食物繊維です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれていて、その量は白米の約5倍です。

他には、ビタミン類鉄分カルシウムも含まれており、どれも白米よりも豊富に含まれています。

我が家の簡単オートミールクッキー

このレシピはまぜていくだけなのでほとんど失敗はありません。多少柔らかくなったり、固すぎてもお好みに調整可能です。

それに材料を変えたらアレンジも自在です。

今回は基本のレシピとアレンジ方法をご紹介します。

娘に作ってもらおうと思いましたが、お昼寝中なのでわたしが作ります。

基本の材料と分量

〜約6枚分の材料〜

・オートミール・・・50g

・米粉・・・大さじ1

・バナナ(真っ黒になったバナナがオススメです)・・・1本

・甘酒・・・大さじ2

・アガベシロップ・・・適量 (なくても大丈夫です)

・ビニール袋

こちらは大体の分量です。我が家はいつもはからず、目分量で作っていきます。

作り方

オーブンを180度に温めます。オーブンを温めている間に調理するとスムーズです。

1・バナナをビニール袋に入れて潰します

 

2・オートミール、米粉を入れてまぜます

3・甘酒、アガベシロップを入れてまぜます

 

4・袋の先を切って絞り出します

5・形を整えます

お好みの大きさ・厚さにします。厚めならしっとり、薄いとサクッとなります。

ここで娘が起きてきました。

娘

ママ何作ってると?

ママ
ママ

クッキーよ!

娘

えーわたしが作りたかったー(泣)

とご機嫌斜めの娘にここから任せます。

6・トッピングをする(しなくてもOKです)

 

ママ
ママ

今日はトッピングどうする?

娘

うーん・・・レーズンのせてもいい?

ママ
ママ

いいよ

娘

○○ちゃんは(下の子)レーズン嫌いだからのせんけん

ママ
ママ

OK!お任せします

という事で娘に任せました。

7・180度のオーブンで10分焼きます

10分後

お使いのオーブンによって加熱時間は変わるので様子を見ながら調整してください。

お子様だけで作るときは火傷に注意してください。

 

8・完成です

早速、下の子が食べにきました。

娘

○○(下の子)ちゃんのはこっちよ!美味しい?

最近少し言葉が出てきた下の子が「おいし」と言ったので、娘は喜んで「また作ってあげるね〜」と言っていました。

このように簡単な工程ばかりなのでお子様だけでも作る事ができます。ビニールひとつで完結するので、洗い物もほとんど出ません。

子どもだけで作るときの注意点

包丁や火を使わないので危険なことは特にありません。我が家はオーブンを使うとき以外は娘に任せています。

これまで娘が作っている様子を見ての注意点をまとめてみました。

・オーブンから取り出す時に火傷に注意すること

このレシピの1番の危険ポイントかもしれません。笑 我が家の場合は、自分が作ったものを早く食べたくてお知らせの音がなった瞬間にドアをオープンして取り出そうとした事がありました。ミトンが必要な事、オーブンの中が高温ということを教えてこの作業だけは一緒にするようにしています。

 

・オーブンの設定を確認すること

小さなお子様はオーブンの温度設定をオススメします。我が家は電子レンジと一体型なので念のため確認するようにしています。

・袋に材料を入れる時に口をしっかり開いてあげること

ビニール袋は安定しにくいので、材料を入れていく時に袋の口が広く開くように固定してあげたほうがしやすいです。ジップロックのようなしっかりした袋は口を折り返してあげると自立してしやすいと思います。

我が家はこれでキッチンが米粉だらけになった事があります。笑

子どもは予想外の行動をする事があるので慣れるまでは近くで見守ってあげてくださいね。

組み合わせアレンジ

基本の材料+ごま

材料をまぜる時にゴマを大さじ2程まぜこんだら、簡単セサミクッキーになります。白ごまでも、黒ごまでもお好みでOKです。オススメは、すりごまと炒りごまを大さじ1ずつ両方入れるとゴマの風味がUPします。

基本の材料+きな粉

まぜる時にきな粉を大さじ1ほど入れるときな粉クッキーになります。タンパク質も一緒にとれ、簡単に栄養価がUPします。

基本の材料+卵

バナナをつぶす時に卵も入れてまぜます。少しボリュームが出るので物足りない時にオススメです。こちらもタンパク質を同時に取る事ができます。

基本の材料+インスタントコーヒー

こちらは大人用にオススメです。インスタントコーヒーを小さじ1ほどまぜます。一気に大人向けのクッキーになります。更にビターチョコを足しても美味しいです。

 

他にも、余っているジャムやさつまいも、ココアなどもおいしかったです。

このように組み合わせやアレンジ次第でお好みのクッキーを作る事ができます。

オートミールクッキーの良さ

オートミールクッキーは小麦粉のクッキーにはない独特のザクザクとした食感があります。歯応えがあるので噛むことによって満腹感を得やすく、少量で満足します。また、腹持ちが良いこともオススメポイントです。

我が家の下の子どもも、噛まずに食べる癖がありますがこのクッキーは噛まないと食べる事ができないので、噛む練習にもなっています。

ザクザク感が苦手な方はオートミールをブレンダーなどで粉状にしてから使用すると小麦粉で作るクッキーのようにもなりますよ。

まとめ

「簡単」「手軽」「楽に」作れる我が家のオートミールクッキーをご紹介しました。栄養もあって、アレンジ自在。思い立ったらすぐに作る事ができるので手作りおやつにオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました