子どもと作る料理

材料2つ。子どもと作る・自家製ブルーベリー酵素シロップ

子どもと作る料理
娘

ママ喉渇いたー

ママ
ママ

麦茶あるよ〜

娘

お茶じゃ無くてジュース飲みたい

連日の猛暑と、夏休み中ということもあってジュースの消費量が増えている我が家です。このやりとりを1日に何回か繰り返しています。笑

市販のジュースもいいですが、どうせ飲むなら体に優しいジュースがいいなぁと思い今回は発酵酵素シロップを作りたいと思います。

酵素シロップは、果物に含まれている栄養分や酵素をそのまま摂ることができます。

さらに、果物には乳酸菌のような善玉菌がたくさんついていて、その善玉菌が砂糖を餌にしてどんどん増え、分解して発酵していきます。発酵することで腐りにくく、保存ができるようになるというわけです。

作り方も材料も至ってシンプルですので、手作りジュースや酵素シロップに興味があられる方の参考になったら嬉しいです。

今回我が家は、近くの物産館に売ってあった無農薬のブルーベリーを使って作ります。ブルーベリー大好きな我が家の子ども達はいつも争奪戦で毎回取り合いをして食べています。笑

今はブルーベリーが旬の季節なので、手に入りやすいので良いですが、このブルーベリーを長く楽しめないかな?と思い、初めてブルーベリーで酵素シロップに挑戦してみることにしました。酵素シロップにしていたら保存は効くし、アレンジはきくし、飲みたい時に飲めます。

これまでレモン、キウイでは作ったことがあるのでその時の応用レシピで作ってみます。

ブルーベリーに目がない娘はお手伝いしてくれる気満々なので、娘に任せたいと思います。お子様でも簡単にできる工程ばかりです。

ブルーベリー酵素シロップの作り方

 

材料

わたしが今回使った材料はこちらです。

・無農薬ブルーベリー・・・329g

・砂糖(甜菜糖を使用しています)・・・331g

・消毒した容器

・スケール

・ボウル

果物とお砂糖は同量がおすすめです。多少の誤差なら気にしなくても大丈夫です。

作り方

作る前に瓶を消毒します。

今回は煮沸消毒不可の瓶だったのでアルコールで拭きました。

1.ブルーベリーを洗います

無農薬のブルーベリーなので流水でさっと洗って水気を取っておきます。無農薬じゃない場合はこのまま皮ごと使うのでお好みの洗い方でしっかり洗ってください。

2.ブルーベリーをはかります

今回3パック分で329gでした。

3.お砂糖をはかります

ブルーベリーと同量になるようにします。娘、全集中です。笑

329gを目指して・・・

さぁ、結果はどうでしょうか!?

 

 

331g。おしい!!2gの差でした。

4.消毒した容器に砂糖を入れます

一番下にお砂糖が来るように敷き詰めます。

5.ブルーベリーを入れます

ドバドバっといれてください。

娘

楽しい〜!味見してもいい?

ママ
ママ

少しならいいよ!

味見もお手伝いの醍醐味ですね。笑

6.4と5を繰り返します

材料がなくなるまでを繰り返します。

娘

ママ、ブルーベリー少し残してもいい?

ママ
ママ

・・・苦笑

娘

食べたいんだもん!

 

ということでブルーベリーを食べるように残した娘でした。

すみません、レシピに戻ります。笑

最後がお砂糖で終わるようにしてください。お砂糖で蓋をする感じです。

蓋をしめたら完成です。

娘

めっちゃ簡単!これがジュースになると?

ママ
ママ

そうだよ!

娘

どのくらいでできると?

ママ
ママ

7日くらいだって

娘

楽しみー!!

ということで、カレンダーに印をつけて娘と楽しみに発酵を待ちたいと思います。

完成した酵素シロップは

・水や炭酸で割ってジュースに

・スムージーやヨーグルトに足す

・かき氷のシロップに

と使う予定で完成前から楽しみです。

 

発酵していく様子のリアルタイム画像

無事に酵素シロップになることができるでしょうか?7日間随時更新していきます。

1日目

少しだけ水分が出ていますね。シロップにはまだまだ程遠いです。

2日目

1日で水分がかなりでてきました。泡がでてきているので発酵してきているのがわかります。明日、さらに水分でひたひたになったらかき混ぜたいと思います。

 

3日目

 

更に水分が増えたのでまぜます。開けた瞬間ヨーグルトのような香りがしました。

まぜた後はこのようになりました。

娘

可愛い!ピンクだ

ママ
ママ

すごいね〜

娘

タピオカみたい

 

と喜んでいた娘でした。

4日目

今日は実家に帰省しています。もちろんブルーベリー酵素シロップも連れてきました。昨日全体をまぜたからか、一気に色が変わり、シロップらしくなってきました。蓋を開けると綿菓子のような香りがしてきました。

5日目

自宅に戻りました。昨日よりさらに水分量が増えているのが分かります。香りも綿菓子の香りがより強くなっています。完成まで後2日となりました。

娘

もうジュースみたいだから飲めるんじゃない?

ママ
ママ

飲めるかな?後2日あるよ。飲んでみる?

娘

・・・(悩んだ結果)

ううん、後2日待っとく!

と待ちきれないようでしたが我慢していました。笑

 

6日目

下の砂糖の白い部分が少なくなっているのが分かります。

7日目

7日が経過しました。昨日と大きく変化は見られませんが、初日と比べると別物のようです。砂糖とブルーベリーだけでお水は全く入れていませんがシロップになりました。発酵の力ってすごいですね。

完成&試飲

しっかりまぜて完成です。ブルーベリーの実を漉してここからは冷蔵庫で保管します。

娘が楽しみにしているので、漉す前に早速試飲します。

娘

できた?もう飲めると?

ママ
ママ

うん。今日で7日だから飲んでみよっか?

娘

うん!やったー!どうやったらのめると?

ママ
ママ

お水で割るよ。準備するけん待っとってね。

 

今回はお水で割ってみます。

目分量で 酵素シロップ1対お水2で割ってみました。

娘

わ〜綺麗なパーポーね(紫のことです)。甘いにおいがする。

どんな味かな?

ママ
ママ

楽しみだね。飲んでいいよ。

 

ニコニコして何も言わない娘。

ママ
ママ

どう?美味しい?

 

娘

あまーーーい。甘くて美味しいよ!本当にジュースだ!

 

 

満足そうです。

娘

このブルーベリーは食べれると?

ママ
ママ

食べれるよ!食べてみて!

娘

・・・固い!味がないけん美味しく無い・・・(吐き出す)

吐き出した為写真は載せません。

ママ
ママ

ママにも頂戴

 

娘

いいよ

この後飲みましたが、酵素シロップ1対お水2の割り方ではわたしには濃く、甘すぎたので1対3または、炭酸で割った方がわたしは美味しく飲めました。味は美味しく大成功です。

※個人の好みなのでお好きな割り方、割合を見つけられてくださいね。

酵素シロップはブルーベリーだけでなく、レモン、パイン、りんご、イチゴ等、季節に合わせてお好みの果物で作ることができます。また、単品だけでなく果物を組み合わせて作ることもできるので、アレンンジも自由にできるのは嬉しいですね。

ミントやラベンダーなどお好きなハーブを入れてみるのもいいかもしれません。

そして何より嬉しいのは、果物とお砂糖を瓶に入れたらほったらかしておくだけなので、誰でも簡単に作ることができることです。お子様に任せて作ってもらうのもオススメです。「自分で作った」は子どもにとっては特別に嬉しいことで、達成感も得られます。

娘は早速「次はレモンとりんごで作ってみたい」と張り切っているので、材料が揃い次第また作ってもらいたいと思います。

お子様に手作りのジュースを飲ませてあげたい方、手軽に酵素をとり入れたい方、お好みのジュースを作ってみたい方の参考になったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました