子どもと作る料理

真っ黒バナナの救世主!親子で作る砂糖不使用・グルテンフリーの簡単甘酒マフィン

子どもと作る料理

夏休みに入り、子どものおやつを準備する機会が増えている方も多いのではないでしょうか?我が家も絶賛夏休み中で、毎日ご飯とおやつに頭をかかえています。笑 市販品に頼りつつ余裕がある時は手作りを心がけて負担にならないようにバランスをとっています。

今日はちょうど熟して黒くなっていたバナナがあったので、おやつや軽食にオススメな我が家の子ども達が大好きな簡単マフィンをご紹介したいと思います。

小麦粉の代わりに米粉、お砂糖の代わりに甘酒を使い、熟したバナナと甘酒だけで充分甘味があるのでダイエットされている方にオススメです。また、我が家の下の子どもは好き嫌いが激しく、偏食気味ですがこのマフィンは進んで食べてくれるので離乳食完了期ごろ〜幼児食の小さなお子様にもオススメです。

それでは我が家のレシピをご紹介します。

甘酒マフィンのレシピ

今日も娘が一緒に作ってくれたので、子どもでもできるように工程を簡単にしています。小さなお子様でもできるので親子で一緒に作ってみてくださいね。

材料・・・6.5cmのカップ4つ分

・米粉・・・150g

・熟したバナナ・・・2本

・甘酒・・・大さじ2(この甘酒飲みやすくてオススメです)

・卵・・・1個

・バター・・・50g(常温に戻しておく)

・きな粉・・・10g

・ベイキングパウダー・・・5g

・スケール

・ビニール袋

米粉を写真に入れ忘れました。今日使った米粉は、もへじさんの米粉でカルディで購入したものを使用しています。

作り方

1.ビニール袋にバナナを入れて潰します

オーブンを180度で余熱しておきます。

2.常温に戻しておいたバターと甘酒を入れます

この時期バターはしばらく常温に置いておけば手でつぶせるくらいに柔らかくなります。冬場は湯煎で柔らかくします。

3.卵を入れてまぜます

最近卵を割れるようになった娘の手捌きをどうぞ。笑

たまに殻が入ることもありますが、今日は成功しました。大満足の娘です。

バターをつぶしながら卵と全体がまざるようにしっかりモミモミまぜます。

※まぜる事に集中してこぼしてしまう事があります。袋を軽く縛ってあげる等 注意してあげてください。悲惨な事になります。笑

4.粉類をいれる

米粉、きな粉、ベーキングパウダーを入れてまぜます。ここでは袋の口を完全に縛ってもOKです。全体的に粉っぽさがなくなるまでしっかりまぜてください。

5.袋の先を切ってカップにいれます

こうするとそのまま絞り出せるので手も汚れず、洗い物が出ません。

6.空気を抜きます

台に数回落として空気を抜きます。

トントンと台に落とす子どもが好きな工程ですが、ひっくり返さないように注意してください。

 

7.オーブンで焼きます

娘は自分の分にレーズンをトッピングしていました。お好みでバナナの輪切りやチョコをトッピングしても美味しいです。

180度に余熱しておいたオーブンで20分焼きます。娘が「美味しくなーれ、美味しくなーれ」とおまじないをしてスイッチONします。笑

20分焼いたものがこちらです。

少し焼き色が薄いので更に5分追加で焼きました。ご家庭のオーブンによって焼き時間が異なります。様子をみながら調整してください。

完成です。

このまま粗熱が取れて熱々のものを食べても美味しいですが、完全に冷まして食べてもしっとりしていて美味しいですよ。

 

我が家では夜のうちに作っておいて、翌朝の朝食にもします。家にある材料で簡単に子どもと作れ、子ども達が大好きなので登場率は高めです。トッピングやきな粉をココアパウダーに変える等アレンジもできます。なにより甘酒とバナナの甘さが素朴で美味しいんです。バナナが黒くなってしまったら捨てる前に是非作ってみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました