荒尾市近郊

子ども喜ぶ【北五反田公園】荒尾市で人気の公園に行ってきた

荒尾市近郊

台風が過ぎ、一気に涼しくなった熊本です。最高気温が26度と気持ちよく公園遊びにちょうどいい季節になりました。公園シーズン到来!!ということで、上の子が幼稚園から帰宅後に早速公園に行ってきました。

今日行った公園は荒尾市にある北五反田公園です。荒尾市にある公園の中では人気の公園ということもあって土日は少し混雑しているので、平日が狙い目の公園です。

この公園は、駐車場有り、トイレ有り、遊具良し、子ども受け良し、適度な広さ、と全てそろっていて公園オススメ度★★★★★の公園です。

荒尾では人気の北五反田公園

今日は平日の午後ということもあって貸し切りでした。

北五反田公園の住所

熊本県荒尾市川登

最寄りのインター 菊水インター

菊水インターより車で30分

グリーンランドより車で5分

 

駐車場の詳細

駐車場は公園内にあります。

停め方によって6台〜8台ほど停めることができます。土日はいっぱいで、入り切れない時は入り口前のスペースに駐車されている方もいらっしゃいます。

北五反田公園のトイレ情報

公園の奥の方にトイレはあります。

一人で行くには少し勇気が入りそうなトイレです。

手洗い場。一応石鹸もありました。

トイレ内が真っ暗で入るのに勇気がいりました。笑

おそるおそる近づいたらセンサー式のスイッチだったようで電気がつき、中が見えました。思っていたよりは綺麗で安心。

女子トイレは和式と洋式が一つずつ設置してありました。

女子トイレの反対側に男子トイレもあります。

トイレがある公園は貴重なのでありがたいですね。

北五反田公園内の水道

水道は公園内に二つあります。

ひとつは複合遊具の近くに、もうひとつはグラウンド側に。

こちらはグラウンド側の水道です。

北五反田公園といえばこの遊具

北五反田公園の人気遊具と行ったらこちらの長いローラー滑り台。滑り台横の山道の階段をのぼって頂上に行きます。

荒尾市の公園の滑り台では一番長く、傾斜もあるので意外とスピードが出ます。スリルがあって子どもに大人気です。

わたしも以前娘の付き添いですべった事があるんですが、ローラーすべり台特有のスピードと振動でお尻が痛くなり、帰って確認したらお尻の皮がむけていたことだありました。笑

 

その他の遊具

他にも滑り台が3つ付いている複合遊具もあります。ローラー滑り台がまだすべれない小さなお子様にはこちらの遊具か人気です。我が家の子ども達もこの複合遊具メインで遊びます。波型になっているすべり台がお気に入りです。

二連になっている赤いすべり台は短いので1歳の子どもでも1人ですべることができます。

あとは公園の定番ブランコもあります。

 

不思議なオブジェ

公園のシンボルになっているこのオブジェ。

我が家はこちらでよく水分補給やおやつタイムをします。公園の休憩ポイントですね。

 

まるで森の中!?な自然いっぱいの通路

遊具ゾーンの奥に進むと森のようになっています。どんぐりやもみじ、桜の木といろんな木があるので季節によって四季を感じることができます。

今は秋。紅葉はまだでしたが娘がどんぐりを見つけました。

娘

ママどんぐり落ちとる!どこかにどんぐりの木があるかもしれんけん探しに行こう

 

ママ
ママ

いいよ〜どこにあるかな?

娘

あったー!この木の下いっぱい落ちとるけんこの木がどんぐりの木だね。ほらここになってる!!

早速手いっぱいにどんぐりを拾います。

娘

どんぐりってこうやってなってるんだね。みんな帽子かぶってるどんぐり〜

ママ
ママ

どんぐり何個ある?

娘

1、2、3、4・・・こっちのお手手に5個、こっちは・・・4個ある

 

ママ
ママ

じゃあ、今お手手には何個どんぐりさんある?

娘

5と4・・・9個?

 

ママ
ママ

正解ー!すごいね数えられたね。

じゃあ、次は持ってるどんぐりさんを○○(弟)君にひとつあげたら何個になるかわかる?

娘

ひとつ?はい○○君どうぞ。1・2・3・4・・・・8個?

ママ
ママ

すごーい!正解。よくわかったね。

最近数字に興味が出てきた娘と数あそびをしながら遊びます。どんぐりはちょうど良い勉強道具になりました。

下の子もお姉ちゃんの真似をして拾います。口にいれないか要注意。笑

こちらは指先でつまむ練習にぴったりです。

それぞれのどんぐり遊びを楽しんだふたり。

今日はどんぐりの木、どんぐりがどのように木になっているのかを知ることができました。

公園は自然と遊びながら学べる最高の遊び場です。

落ち葉だって立派なおもちゃです。

子ども達と歩くと普段は気づかない新しい景色に気づかされます。

北五反田公園の4歳と1歳の遊び方

ヒヤヒヤしながら見守り!自分でやりたい4歳の遊び方

今日はまずブランコに。

ママ押して〜と言っていた娘も最近一人でブランコに乗れるようになりました。

足を伸ばして曲げて、漕ぐコツをつかんだようです。まだ少しお尻が不安定で落ちそうになりながらも「自分でやりたい」娘を尊重して見守ります。

次は遊具へ。いろんなところから登っていきます。

 

 

こちらは慎重にゆっくり・・・ヒヤヒヤしながら見守ります。

いつもは長いローラー滑り台に行くのですが今日は行かずに地面に絵を描いていました。

子どもの絵って可愛いですよね。最近ひらがなも書けるようになったので今日はひたすら字や絵を描いていました。地面に絵を書いてしまう気持ちわかります・・・笑

目が離せない!好奇心旺盛の1歳の遊び方

まずは遊具へ行って階段をのぼったりおりたりをエンドレス・・・笑

次は遊具の側面で遊んで、細い隙間から「ばぁー」とのぞく遊びをしていました。

姉がのぼるところを見て、真似してのぼります。

のぼったのは良いものの、すべり台が高さがあるので怖かったようでUターン。

下に降りたいけど足が届かずしばらくフリーズ。笑

何度か足を伸ばしてチャレンジし、最後は白い棒を握ったまま勢いでおりていました。(もちろん、危なくないように横で見守っています)

一度できたので自信がついたのか、のぼっておりてを繰り返していました。まだまだ危なっかしいので目が離せません。

2児の子連れでも楽しめる北五反田公園のオススメポイント

•ちょうど良い広さと見渡せる公園

公園内の遊具ゾーンにはベンチがいくつか有り、公園全体を見渡す事ができるので座って子どもを見守る事ができます。この広くもなく、狭くもない絶妙な広さがいいんです。笑

•グラウンドも併設

遊具ゾーンの他に奥に行くとサッカーや野球、自転車の練習などもできる広いグラウンドがあります。これだけ広いとなんでもできそうです。

遊具に飽きたらグラウンドで遊ぶのも良いですね。

•自然がいっぱい探検もできる

駐車場→遊具ゾーン→グラウンド→トイレ→オブジェの広場→駐車場と公園が一周まわれる作りになっています。

途中の森のようなところには蝶々やトンボ、バッタなど虫もたくさんいるので探検気分で虫取りも楽しむ事ができます。

奥に休憩できる小屋もありました。

常連の我が家からみた北五反田公園で遊ぶときの注意点

•ローラー滑り台はおしりが痛くなるのでダンボールなど敷物があると良いかもしれません。

•自然がいっぱいな公園なので蚊など虫が多い印象です。気になる方は虫除けグッズがあると安心です。

まとめ

自然を感じながら思いきり遊べて、子どもが好きな要素が満載の北五反田公園。荒尾市にこれだけ条件がそろっている公園はなかなかないのでオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました